転倒防止グッズ

【転倒防止対策】高齢者向けの帽子(屋外/屋内)【ひもは大切】

高齢者の転倒で多い四大骨折には入りませんが、頭部は守ることは大事です。

この記事では頭部を守る帽子について記事にまとめております。

結論として、屋外用ではキヨタ、屋内用ではBlioHealthの帽子がよいと考えます。

また調べてみると、あごひもは大切であることがわかりました。
見た目は「かっこ悪い」と思うかもしれませんが、頭を守る目的としては「ひも」は必要です。

キヨタとBlioHealth

キヨタとBlioHealthの帽子について紹介します。

キヨタ


YouTubeに上がっているキヨタの動画です。

高齢者向けの帽子は、機能も大事ですが、見た目も大事です。

キヨタの帽子は高齢者だけでなく、頭部を守りたい様々な人に対応した帽子なので、デザインがオシャレです。

男性ならハンチング帽子、女性なら反射材もついたクローシュがオススメです。

値段としてはどちらも9,680円(税込)です。1万円程度ですね。
誕生日プレゼントとしてあげたら喜んでくれるかもしれません。

キヨタの帽子はピタフォームという独自の保護剤を使用しており、しっかりと頭を守ってくれます。ムレも軽減してくれます。

使用者の感想

キヨタの帽子の使用者の感想をAmazonから載せます。

5つ星のうち3.0 あごひも

転倒して頭をぶつけることが多々ある為、外出時にも使えるようなものを探していました。転倒時に頭から外れないように、あごひもが付いているのは私的には理解できますが、使う本人からすると「かっこ悪い」とのこと。使うことに拒否反応を示し、頭が痛いです。

出典:Amazon

やはり「あごひも」はかっこ悪いという意見はありますね。これが別のものに変えられれば。
でも現時点はあごひもがベストな選択なので、説得するしかないですね。

5つ星のうち5.0 デザインが良い
最近父親が、屋外で転倒することが続いていたので心配していました。ネットでこちらの商品を知り、すぐに購入しました。
掛かり付けの担当医に相談したみましたが、頭部を保護する用具を作製は可能らしいのですが、やはりヘルメットの様な外観のものとの事でした。
こちらの商品だとデザイン的にも外出時にも着用しやすく、とても満足しています。

出典:Amazon

外出時に重宝しているという意見です。

5つ星のうち4.0 よく倒れて大変
老人ホームで活用して、職員のかたから
呼び出しもへり、良かったです。
出典:Amazon

老人ホームでも使用したとの事、外出の時に使用したのでしょうか。

BlioHealth

BlioHealthの頭部保護帽はAmazonで頭部の保護帽子で1位を獲得しております。

ボクシングをやる際のヘッドギアみたいですが、しっかりと頭部保護機能はあり、なおかつ安いことが魅力です。

値段がブラウンだと2,480円(税込)、グレーだと更に安い1,200円(税込)で購入できるのが魅力的です。

老人ホームなどで一括導入するのに適していると思います。

認知症になると転倒する可能性が高くなるので、これを付けておくと安心です。

使用者の感想

BlioHealthの使用者の感想をAmazonからみてみます。

5つ星のうち5.0 見た目を気にしなければ
Amazonで購入
装置が簡単で妹の施設で重宝しています
出典:Amazon

装置?装着のことだと思います。見た目は問題だが、老人ホームで重宝しているようです。

5つ星のうち4.0 手ごろな価格
転びやすくなった父親のために購入しました。
お風呂場で転倒したときに怖いからということでしたが、
満足しているようです。

出典:Amazon

お風呂で使用しているという例もありました。屋内なら重宝しそうですね。

注意点

注意点としては、頭部保護帽を購入するならあごひもは必要ということでしょう。

これはアボネットという別の保護帽の感想レビューですが、あごひもが必要ということをレビューから分かります。

5つ星のうち1.0 とても残念です
今日 商品が届きましたが 肝心の顎紐が付いていません。下を向いたら帽子が外れてしまうので とても残念です。

出典:Amazon

あごひもが無いと下を向いた時にはずれてしまう可能性があります。

そのため、この記事ではあごひもは見た目はカッコ悪いかもしれないが、無ければ保護帽の意味が無くなってしまうといえます。

まとめ

この記事では高齢者向けの頭部保護帽についてまとめました。
オススメの帽子は屋外、屋内でそれぞれ下記となります。

      屋外:キヨタ
      屋内:BlioHealth

高齢者で頭から倒れることは少ないかもしれませんが、頭を打つと死につながる可能性があります。
しっかりと保護をすることが大切です。